きもの座・京都 手描き友禅製作工程
手描き友禅の製作工程手描き友禅の製作工程

1.図案の作成・下書き

美術品、美術書籍、スケッチ等を参考にして、構想を練り図案を作成します。
線や柄が生きているように描くことが大切。
下ゆのしした白生地をきものの形に仮縫いし、青花という露草の花からとった青い液で模様を描いていきます。
最初は薄く、次第に濃くしていき、下書きを完成させます。

図案の作成 下書き
2.糊置き(糸目)
仮縫いをほどき、伸子張りをしたきじの下絵に従って、筒紙に入れた糊を指先で調節しながら輪郭に沿って置いていきます。
糊置きには糊を置く技と絵の知識が必要となり、線を美しく表現するには力の入れ具合、手加減が大切となる。
糊置き(糸目)
3.地入れ
色挿しの前に生大豆をすりつぶした液、豆汁を生地にひきます。
これは挿し友禅の時に、染料のにじみをとめるためと、染料の発色をよくるすためです。
4.挿し友禅
地入れの乾燥後、彩色の作業にとりかかります。
自然な風合いに仕上がるよう一筆一筆丁寧に描く作業です。
布の下まで色が浸透するように圧力をかけながら塗っていくことがポイント。
挿し友禅1 挿し友禅2
ぼかし、重ね色などの加工もこの工程で行われます。
生地全体を染める作業が「引き染め」です。その技のひとつが「ぼかし」。
色と色の濃度を合わせることが大切な作業です。
引き染め−ぼかし1 引き染め−ぼかし2
5.蒸し
色を挿し終えた生地を摂氏110℃以上の蒸し器の中で約三十分から四十分蒸します。
染料の定着具合は蒸気をあてる時間やあて方によって決まる為、この『蒸し』の加減が友禅の色を決めるポイントです。
蒸し
6.伏し糊・地染め
地色のあるものは、さらに模様の上に伏せ糊をして、地色の染料を引染めし、もう一度蒸して色を染めつけます。
挿し友禅と引染めの工程によって、京友禅独特の色合いが生まれてくるのです。
7.水元(水洗)
余分の糊や染料を流水で洗い流します。
はけを鋭角に当て、水をかくはんしながら糊をおとす作業です。
水元(水洗)
8.湯のし
「湯のし」することで生地幅を整え、小ジワをとります。
9.金彩
仕上げ工程により生地に金や銀など彩りを添える金彩加工や、糸で京繍(日本刺繍)を施したりします。
金彩とは友禅に化粧すること。職人の感性が求められる。
摺箔技法
摺箔技法
金泥描き技法
金泥描き技法
真綿もみ箔技法
真綿もみ箔技法
筒描き(箔くくり)技法
筒描き(箔くくり)技法
10.刺繍
糸の太さや光沢を利用して柄にアクセントを施す作業が「刺繍」です。
刺繍は一針一針大事に縫うことが大切です。
刺繍には「菅縫い」(すがぬい)「駒縫い」(こまぬい)「割縫い」(わりぬい)等、様々な縫い方があります。
刺繍
11.整理
生地に風合いを与え、シワや折り目を取り除く作業を「整理」と言う。
生地によって機械のスピードや蒸気を加減、温度を変えて作業を行う。
整理
お問い合わせ
Entire contents of this site Copyright (C) 2005 KIMONOZA KYOTO All rights Reserved.