きもの座・京都 きもの作成風景

型染め友禅製作工程型染め友禅製作工程

1.図案の作成

手描き友禅と同じく、古代裂(きれ)や国内外の美術品や資料等を素材に図案が構想されます。

2.型の彫刻
渋い紙に、図案に従って輪郭がカチッとする引き彫りや突き彫りなどを自在に使い分けて、型を彫りぬいていく。
模様の粗密、色数の多少によって彫られる型紙の数は平均で五十、多い時は百にもなります。
型紙の彫刻1 型紙の彫刻2
3.地張り
下湯のしされた生地を長い板に薄糊で張りつけていきます。
4.型置き
生地の上に型紙をあてがい、写し糊(糊と染料を混ぜ合わせたもの)をヘラでのばしたり、染料液をハケで刷り込むと型紙の彫り部分だけ生地に染料が付着します。
型紙の数だけこれを繰り返すと、模様が出来ます。
型置き1 型置き2
5.地染め
模様の上に伏せ糊をして地色の染料を引きます。
6.蒸し

染料が生地に定着するように摂氏110℃以上の蒸し器の中で濃度に応じて約三十分〜四十分蒸します。
この「蒸しの加減が友禅の色を決めるポイントです。

7.水元(水洗)
余分の糊や染料を流水で洗い流します。
8.湯のし
生地幅を整え、小ジワをとります。
9.金彩・刺繍
仕上げ工程により金彩加工や糸で京繍(日本刺繍)を施したりするのは、手描き友禅と同じです。
お問い合わせ
Entire contents of this site Copyright (C) 2005 KIMONOZA KYOTO All rights Reserved.