---WHAT'S NEW--- 東京・池袋「東武百貨店」に京の秀彩苑の常設コーナーがオープンしました!!(2005.09.08) 



私の色は過去・現在・未来の時空を超える
石田美術工芸 石田凱宣(いしだ がいせん)

訪問着 月
訪問着 月

秋の野から月を見る。すすきに月の光が当り、輝くさまを描いたものです。


■作家からのメッセージ
私は、「なんとなく奥深く、高い芸術性をひめて」、「着ていただくかたの内に潜む品格と優美さをひき出す」そんな着物をつくりたいと思って制作しています。
(石田凱宣)

1948年 滋賀県に生まれる
1967年 京友禅高橋徳商店に入社
友禅の彩色のかたわら、日本画・運筆を修業
1989年 独立、染色作家活動に入る
(受賞歴)
京都彩芸美術協同組合主催彩芸展
1992年 京都新聞社賞
1994年 NHK京都放送局長賞 京都新聞社賞
1996年 京都染色協同組合連合会賞
1997年 彩芸賞
日本染織作家教会主催日本染織作家展
1992年 名古屋三越賞

訪問着・葡萄・部分
1996年 大阪高島屋賞
1994年 文部大臣奨励賞
日本工芸会近畿支部主催近畿展
1995年 入選

袋帯・陽・部分
1996年 入選
2001年 通産大臣賞
平成12年現在
日本染織作家協会正会員
京都彩芸美術協同組合常務理事



石田さんの作品は古典から現代的な感覚のものまで実にバラエティーに富んでいます。

長い修業の結果、京都に伝わる染の技法を幅広く身につけ、作品創りにはその技法が生かされています。

「伝統の深さと現代に広がる感覚を染める」と語る石田さんは、伝統と現代が融合する新しい作品創りに意欲を燃やしています。

(取材:もーど・じゃぽねすく)

訪問着・秋花・部分


- - - - - Copyright (C) 2004 Kyou no Syusaien. All Rights Reserved.- - - - -