---WHAT'S NEW--- 東京・池袋「東武百貨店」に京の秀彩苑の常設コーナーがオープンしました!!(2005.09.08) 



京友禅の現代美を追求
アトリエさがの 伝統工芸士木戸源生

訪問着 春粧(しゅんしょう)

藤をモチーフに、移りゆく春の気配を色で表現したものです。


1969年 京都の染匠に入門
染色全般を学ぶ
1992年 独立
15回日本染織作家展
「協会奨励賞」
1993年 第38回彩芸展
「京都市長賞」他
1994年 第39回彩芸展「通産大臣賞」他
1995年 個展「ギャラリー・いふう」
1996年 第41回彩芸展「彩芸優秀賞」「森口華弘賞」他
1997年 第20回日本染織作家展「京都市長賞」他
1998年 第21回日本染織作家展「京都府知事賞」他
1999年 第22回日本染織作家展「名古屋三越賞」他
2000年 第29回日本伝統工芸近畿展入選他
個展「ギャラリー・梅屋敷」
2001年 第30回日本伝統工芸近畿展入選他
2002年 全国伝統工芸士大会「特賞」他
2003年 第26回日本染織作家展
「文部科学大臣奨励賞」他
京友禅の現代美を追求

■作家からのメッセージ
着物を装うことで四季それぞれの美しさをより感じて欲しい。
(木戸原生)



木戸源生さんの作品には詩情あふれる感性が感じられます。時の移ろい、彩り変化、自然の風景が繊細優美に、時には大胆に描かれています。
木戸さんが何よりも大事にしているのが色です。まず色があり、それからデザインがあるというのが木戸さんの考えです。そして、「衣桁に掛けた時の美しさ」、「着用した時の美しさ」そのどちらにも心を配りながら創作しているとも語っておられました。

展示の「彩」と題された作品の前に、山で拾った紅葉の押し花をさりげなく置く人柄からも自然への思いが感じられます。モチーフの幅も広く、さまざまな表情の作品があり、見る人を楽しませてくれます。

(取材:もーど・じゃぽねすく)

訪問着・早春・部分


- - - - - Copyright (C) 2004 Kyou no Syusaien. All Rights Reserved.- - - - -